札幌でセミナー講師を務めます

今月札幌でセミナーの講師をすることとなりました。

テーマは

『目前に迫る「工事進行基準」~その概要と取り巻く環境~』

ということで、北海道の建設会社等を中心とした参加者を対象として、公認会計士・税理士の視点からのお話です。私は会計士になって以来、上場している建設業の会社に関与することが多かったため、ご縁がありまして今回のお話をいただきました。

建設業界のフォーラムのようなお集まりの中で、私が担当させていただきますのは1コマ1時間程度のものです。

【日時】平成20年9月17日(水)10:00~17:30
【会場】ウェルシティー札幌 厚生年金会館
【住所】札幌市中央区北1条西12丁目
【セミナー案内】
セミナー概要
パンフレット

難しい話になりますが、平成22年3月期より開始事業年度の第1四半期決算より工事進行基準が原則適用となります。コンバージェンス関連での会計基準の改正によるもので、建設業界(ソフトウェア業界も)においては、大きな影響があるものと思われます。また、法人税法も改正され、会計・税務両面から、当該問題への対応策が必要となります。また同時に、これを契機に、工事進行基準の採用を戦略的な観点から、経営に生かしていこうとする動きもあるという話も聞いております。

そのような内容を、できるだけわかりやすくお話できたらと思っております。

ふるさと北海道での講演。楽しみです。
                            

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る