今年のCPE(継続的専門研修)

毎年公認会計士にはCPEという辛く大変な単位取得の研修制度があります。CPEとは公認会計士としての能力の維持・向上を図るために日本公認会計士協会が実施する「継続的専門研修制度」のことです。公認会計士という資格をハイクオリティに保ち、社会の信頼を得続けるために、登録後も継続的に勉強をしていくというものです。

すべての公認会計士が「継続的専門研修」を履修し、年間40単位以上の単位を履修することが義務付けられています。今年のCPE、やっと40単位クリアしました^^毎年3月末までなので・・・会計士の皆さん頑張りましょう!

bsPAK88_tokyoekihitogomi20150109174847

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る