汐留パートナーズは、税務、会計、秘書役業務など、クライアントが海外でビジネスを行う場合に要求されるコンプライアンスに対する全てのサービスをPKFネットワークを通じて提供することができます。現地で要請される会計税務・人事労務等の業務の他、日本の親会社との間での連結会計に関する支援も行っています。

海外現地法人向けコンサルティングサービス

海外進出に伴って設立した現地法人の運営に関して、会計税務や人事労務のコンサルティングを行います。海外での税法や会社法に基づく専門性の高い領域に関しては、PKFの現地法人と共にご支援をさせていただきます。具体的には、以下のような領域についてサポートを行います。

(1)日常の処理

  • 記帳業務
  • 給与計算業務
  • 源泉所得税の納付業務
  • 取締役会・株主総会議事録作成

(2)会社決算業務

  • 決算処理業務
  • 税務申告業務

(3)会計監査業務
(4)年次報告書の提出業務

親会社向けコンサルティングサービス

海外進出に伴って設立した現地法人が日本法人の連結子会社や持分法適用会社になる場合、連結決算への月次・四半期・年度での取り込みや、国際会計基準に対応した会計処理の調整等に関する作業が必要となります。また、海外に駐在する日本人従業員の給与や福利厚生に関する検討項目は多岐にわたります。汐留パートナーズでは親会社に対して、これら専門性の高い会計税務や人事労務の領域についてコンサルティングを行います。具体的には、以下のような領域についてサポートを行います。

繰り返しになりますが、一番の問題点は、認知症に陥ってしまうと、その後の法的行為が全てできなくなってしまうため、認知症になる前に事前に対策を講じる必要があります。

(1)連結決算業務

  • 月次決算処理
  • 四半期決算処理

(2)国際会計基準対応業務

  • IFRS対応業務
  • USGAAP対応業務

(3)国際労務業務

ご相談の流れ

お問い合わせ
お問い合わせ
メール又はお電話にてご連絡をお願いいたします。無料相談が難しい事案の場合には、初回相談の報酬等についてお知らせいたします。お気軽にご相談下さい。
ご面談
ご面談
海外進出コンサルティングにつきましては、原則としてご来社いただいてお打ち合わせをさせていただいておりますが、クライアントのご都合によってはお伺いさせていただきます。
ご提案
ご提案
ご面談を通じて、クライアントの海外進出に関する課題について共有をさせていただき、支援メニューと解決案に関するご提案をさせていただきます。お見積書をご提示させていただきます。
契約書締結
契約書締結
ご提案内容及びお見積内容に基づいて契約書を作成いたします。内容についてご確認いただいた後に、契約を締結させていただきます。
ご支援開始
ご支援開始
契約締結後、ご提案させていただいた内容をベースとして、柔軟かつ迅速に海外進出コンサルティングを開始いたします。