会社設立・商業登記・不動産登記等は東京都港区の【汐留司法書士事務所】- 法人設立代行・創業支援

所長ブログ&コラム

タグ「資本金」の記事一覧

2018/08/09 商業登記関係

取締役の報酬債権を現物出資して株式を発行(交付)する登記手続き

役員報酬として株式を交付する 取締役に対するインセンティブの関係で、役員報酬としてストックオプションではなく現物の株式を交付したいというニーズがあります。 取締役に現物の株式を与える目的としては、取締役に中長期的な企業価 […]

, ,


2018/08/02 商業登記関係

司法書士が株式会社の定款の条文を解説します(附則編)

定款の条文の内容を解説します。 会社法が施行されてから株式会社の設立も容易になり、また現在は色々なサイトで株式会社の設立に関する情報が溢れているため、起業される方自身で株式会社設立の手続きをされるケースも少なくありません […]

, ,


2018/07/23 商業登記関係

株式会社の募集株式の発行と資本金の減少を同時に行う方法

増資と減資を同時に行う 募集株式の発行(以下「増資といいます。)と資本金の額の減少(以下「減資」といいます。)は同時に行うことができます。 同時に、とは1つの日に資本金の増加と減少の効力を発生させることができます。 平成 […]

, ,


2018/07/17 商業登記関係

減資の手続きを依頼した場合、どこまでお手伝いしてくれますか?

資本金を減少したい 欠損に填補するため、株主へ配当するため等を理由として、資本金を減少(以下、「減資」といいます)したいとご相談をいただきます。 減資したいというご依頼をいただいたときに、登記申請以外にどんなことをしてく […]

,


2018/07/11 商業登記関係

欠損填補をするための減資の手続きと、欠損填補のできる剰余金の範囲

欠損とその填補方法 利益剰余金のマイナスのことを損失といい、資本剰余金を利益剰余金に組み替えることによって損失を消すことを損失の処理(欠損填補)といいます。 欠損填補をするための資本剰余金が足りないときは、一度資本金、資 […]

, , ,


2018/05/03 商業登記関係

(募集株式の発行)取締役会への募集事項の決定の委任とその有効期限

募集株式の発行と募集事項 募集株式の発行をするときは、次の事項(以下「募集事項」といいます)を、株主総会の特別決議によって決定します(会社法第199条1項、2項)。 募集株式の数 募集株式の払込金額又はその算定方法 金銭 […]

,


2018/04/24 商業登記関係

株式会社の設立と現物出資をする方法

会社設立と出資 株式会社を設立するには、各発起人は設立時発行株式を1株以上引き受けなければならず(会社法第25条2項)、株式を引き受けるには対価となる出資をする必要があります。 この出資につき、金銭で出資をすることがケー […]

, ,


2018/03/30 商業登記関係

合同会社の資本金の額の減少(減資)とその登記手続き

合同会社と減資 合同会社の資本金の額は登記事項とされていて、一定の手続きを経ることにより資本金の額を減少させること(以下、「減資」といいます)ができます。 合同会社の資本金の額は、次の場合に減少します(会社計算規則第30 […]

, ,


2018/03/28 商業登記関係

合同会社の社員が退社をするときの持分の払戻しと退社手続き

合同会社の社員の退社 定款に別段の定めのない限り、次の場合には、各社員は事業年度の終了の時において退社をすることができます。 存続期間を定款で定めなかった場合 又は 特定の社員の終身の間持分会社が存続することを定款で定め […]

, ,


2018/03/17 商業登記関係

1日で募集株式の発行・増資をする方法(総数引受契約)

1日で募集株式の発行(増資)をする 募集株式の発行は、取締役会や株主総会の決議、募集事項の通知や引受けの申込み、割当ての通知、等々多くの手続きが必要とされています。 多くの手続きが必要とされているため何日もかかりそうです […]

,


汐留司法書士事務所では、
商業登記不動産登記相続手続き遺言成年後見など、
様々なサポートを行っております。


ご相談・お問い合わせは
お気軽にどうぞ

ご相談・お見積りは無料です。

〒104-0061 東京都中央区銀座7-13-8 第二丸高ビル4階

東京汐留相続サポートセンター