会社設立・商業登記・不動産登記等は東京都港区の【汐留司法書士事務所】- 法人設立代行・創業支援

所長ブログ&コラム

タグ「資本金」の記事一覧

2017/11/14 商業登記関係

株式会社の資本準備金を資本金へ組み入れる

資本準備金を資本金へ組み入れる手続き 資本準備金が計上されるときとして、主に会社設立時や募集株式の発行時に、発起人や募集株式の引受人から払い込まれた金額のうち、資本金に計上されなかった金額が資本準備金に計上されることにな […]

,


2017/11/13 商業登記関係

新株予約権が行使されたことによる変更登記

新株予約権の行使と変更登記 新株予約権は、行使期間中に、行使の条件を満たしているときは、発行会社に対して行使をすることができます。 新株予約権を行使するときは、行使する新株予約権の内容及び数と、新株予約権を行使する日を会 […]

,


【相談事例】1期目の利益を、期中に資本金に組み入れてしまった。

誤ってその他利益剰余金を資本金に その他利益剰余金を間違って資本金に組み入れてしまった。 資本金に組み入れる額を間違った、貸借対照表上のその他利益剰余金の額が間違っていたので実在しないその他利益剰余金の額まで資本金に組み […]

,


2017/09/10 商業登記関係

株式会社の利益剰余金を資本金に組み入れる

資本金を増やす方法 資本金を増やす方法は主に次のような方法があります。 募集株式の発行 剰余金の資本組み入れ 合併、分割等の組織再編行為 資本剰余金は資本準備金とその他資本剰余金で構成され、利益剰余金は利益準備金とその他 […]


2017/03/30 商業登記関係

合同会社の剰余金を資本金へ組み入れる

合同会社の資本金と剰余金 合同会社には資本準備金・利益準備金がありません。金銭出資、現物出資に関わらず出資された額は、基本的には資本金となりますが、資本金として計上しなかった額は資本剰余金となります。 3億円の出資をして […]

,


2017/03/22 商業登記関係

設立時、払込証明として利用できる預金口座名義人の範囲

発起設立における払込証明書として第三者の預金口座を利用できるか 株式会社の発起設立とは、発起人が設立時発行株式の全部を引き受ける方法による設立方法のことをいいます。発起設立においては、基本的に、発起人が資本金となる額を発 […]

, ,


2017/03/11 商業登記関係

資本金の額の減少(減資)手続き

資本金の額の減少 株式会社の登記簿及び貸借対照表には資本金の額が記載されています。この資本金の額は、一定の手続きを踏むことにより減少させることができます。 資本金の額を減少を以下「減資」といいます。欠損填補をするときや大 […]

,


2017/02/05 商業登記関係

募集株式発行(増資)の登記費用

募集株式の発行(増資)と登記 株式会社における資金調達の方法の一つに、募集株式の発行(増資)があります。 募集株式とは、株式会社が募集に応じて株式の引受けの申込みをした者に対して割り当てる株式のことをいいます(会社法第1 […]

, ,


2016/11/30 商業登記関係

通帳の名義が旧姓のままでも払込証明書として使えるか

株式会社の設立には払込証明書が必要 株式会社を設立するときは、金銭出資の場合、原則として発起人代表者の銀行等口座へ資本金を振込み、その払い込みがあったことを証する書面の一部として当該口座に係る通帳のコピーが必要となります […]

, ,


2016/10/18 商業登記関係

募集株式の発行時に自己株式のみ処分をしたときの登記

募集株式の発行と自己株式の処分 募集株式の発行とは、株式会社や特例有限会社が株式を新しく発行するとき、または保有している自己株式を処分するときに、当該株式の引受人を募集して、その対価として金銭等の財産を受け入れることであ […]

, ,


汐留司法書士事務所では、
商業登記不動産登記相続手続き遺言成年後見など、
様々なサポートを行っております。


ご相談・お問い合わせは
お気軽にどうぞ

ご相談・お見積りは無料です。

〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号 汐留スペリアビル5階

会社設立代行