会社設立・商業登記・不動産登記等は東京都港区の【汐留司法書士事務所】- 法人設立代行・創業支援

所長ブログ&コラム

カテゴリー「商業登記関係」の記事一覧

2018/06/21 商業登記関係

許認可が必要な事業を行うときは、その目的を定款に記載しておく

許認可が必要な事業と会社目的 会社が事業を行うときに、例えばその事業が「ウェブサイトの企画及び制作」であれば原則として誰でもその事業を行うことができます。 一方で、会社が行う事業内容によっては許認可を得なければならなかっ […]

,


2018/06/20 商業登記関係

会員を広く募る一般社団法人は、社員と会員を定款で明確に分けておく

一般社団法人と会員ビジネス いわゆる会員ビジネスや協会ビジネスを行う場合は、一般社団法人が利用されるケースがあります。 会員ビジネスをしている一般社団法人は、会員を広く募って、入会金や年会費を会員から徴収し、それを一般社 […]


2018/06/18 商業登記関係

株主総会議事録を取締役、監査役の就任承諾を証する書面として援用する

取締役、監査役の変更登記と就任承諾書 取締役及び監査役(以下、併せて「役員」といいます)が就任するときは、株主総会の決議による選任とその就任承諾が必要です。 そして、役員の就任(重任)登記の申請書にはその就任を承諾したこ […]

,


2018/06/12 商業登記関係

司法書士が株式会社の定款の条文を解説します(取締役の選任編)

定款の条文の内容を解説します。 会社法が施行されてから株式会社の設立も容易になり、また現在は色々なサイトで株式会社の設立に関する情報が溢れているため、起業される方自身で株式会社設立の手続きをされるケースも少なくありません […]

,


2018/06/11 商業登記関係

認知症になった取締役が、取締役を退任する方法

取締役と認知症 日本は現在、超高齢社会であり人口のボリュームゾーンがこれから70歳、75歳を迎えようとしています。 取締役に就任している方が認知症になった場合、認知症の程度によっては取締役として職務を執行することが難しい […]

,


2018/06/07 商業登記関係

株式会社に取締役を1名追加する手続きと登記(取締役会非設置会社)

株式会社の取締役の選任手続き 株式会社の取締役は株主総会の決議によって選任します。 選任された取締役がその就任をすることによって、当該株式会社の業務を取締役として行うことができるようになります。 業務拡大や役員の交代によ […]


2018/06/04 商業登記関係

理事、監事の変更登記の登録免許税(一般社団法人、一般財団法人)

一般社団(財団)法人の理事、監事の変更登記 一般社団法人と一般財団法人(以下、併せて「一般社団法人等」といいます)の理事や監事(以下、併せて「役員」といいます)には必ず任期があり、任期を満了した役員等は退任します。 ≫一 […]

, , , ,


2018/05/30 商業登記関係

司法書士が株式会社の定款の条文を解説します(取締役の資格編)

定款の条文の内容を解説します。 会社法が施行されてから株式会社の設立も容易になり、また現在は色々なサイトで株式会社の設立に関する情報が溢れているため、起業される方自身で株式会社設立の手続きをされるケースも少なくありません […]

,


2018/05/29 商業登記関係

外国会社の本店移転の登記手続き

外国会社と本店の変更登記 外国会社が日本で継続してビジネスを行っていくには、外国会社の登記をしなくてはなりません(会社法第818条1項)。 外国会社が日本へ進出するときに、その形態として日本支社(≫外国会社の日本進出)を […]

,


2018/05/28 商業登記関係

有限会社と有限会社の吸収合併手続きと登記

吸収合併とは 吸収合併とは、会社が他の会社とする合併であって、合併により消滅する会社の権利義務の全部を合併後存続する会社に承継させるものをいいます(会社法第2条)。 権利義務の全部を承継し合併後に存続する会社を存続会社と […]

, ,


汐留司法書士事務所では、
商業登記不動産登記相続手続き遺言成年後見など、
様々なサポートを行っております。


ご相談・お問い合わせは
お気軽にどうぞ

ご相談・お見積りは無料です。

〒104-0061 東京都中央区銀座7-13-8 第二丸高ビル4階

東京汐留相続サポートセンター