会社設立・商業登記・不動産登記等は東京都中央区の【汐留パートナーズ司法書士法人】- 法人設立代行・創業支援

所長ブログ&コラム

タグ「資本金」の記事一覧

2021/05/06 商業登記関係

新株予約権の行使時に資本金に計上する額

新株予約権の行使と資本金 株式会社の資本金の額は、この法律に別段の定めがある場合を除き、株式の発行に際して株主となる者が当該株式会社に対して払込みをした財産の額とします(会社法第445条1項)。 また、前項の払込みに係る […]

,


【相談事例】合同会社に新たに出資をしますが全て資本剰余金に計上します。出資をした証拠があると安心できるのですが…。

合同会社への出資と登記事項 合同会社には新たに出資をすることができ、出資された金銭等は資本金又は資本剰余金に計上されます(会社計算規則第31条)。 貸付ではなく出資をした人は会社法上の社員(従業員ではありません)となり、 […]

,


2020/10/25 商業登記関係

2020年12月末までに減資や組織再編を行う予定の会社は、そろそろご準備を

事業年度末までに減資をする 株式会社や特例有限会社、合同会社において、事業年度の終わりを12月31日としている会社は少なくありません。 次のような理由から、事業年度末までに減資をしたいというニーズがあります。 繰越欠損金 […]

, ,


【相談事例】株主に出資分を払い戻すときは、資本金を減らさないとダメですか?

出資の払い戻し ABの2名で50万円ずつ出資をして設立した株式会社(資本金100万円)において、設立から数年経過した後、Aが出資した分を返して欲しいと言ってきたとします。 会社側からすると、一定の場合を除き、この出資金の […]

,


2020/04/23 商業登記関係

Foreign Company and change registration of the amount of stated capital

In order to run the business continuously in Japan, the registration as Foreign Company should be made (Articl […]

,


2020/02/18 商業登記関係

誤って資本金の額を多く登記してしまったので修正したい

株式会社の募集株式の発行 株式会社が募集株式の発行を行い、新たに株式を発行することにより資本金を増やすことがあります。 このときに、増加させる資本金が間違ってしまった場合はどうすればいいでしょうか。 例えば、本来は増加す […]

,


2020/02/11 商業登記関係

2月12日から減資の手続きをスタートさせて、3月31日までに減資の効力を発生させられる?

減資の手続きと効力発生 事業年度末までに資本金の額の減少(減資)の手続きを完了させたいというニーズは一定数あります。 資本金の額を1億円以下として税務的なメリットを享受したい、欠損填補や損失の処理をしたい、会社法上の大会 […]

, ,


2020/01/25 商業登記関係

特例有限会社が行う募集株式の発行(増資)の手続きと登記(第三者割当)

特例有限会社と増資 特例有限会社が出資者を募りたい場合、株式会社と同様に募集株式の発行をすることができます。 募集株式の発行をする際に、新たに株式を発行することによって資本金を増加させることをここでは増資といいます。 第 […]

, , ,


3月末までに減資をしたいというお問い合わせ

事業年度と減資 12月は減資に関するお問い合わせが多くありました。 ご相談の内容の多くは、来年の3月末までに減資をしたいという内容です。 来年の3月末までに減資だけでなく、増資をしてから減資をしたいというものもあります。 […]

,


2019/10/22 商業登記関係

種類株式発行会社が新たに別の種類株式を発行するときの手続きと登記

新たに別の種類の株式を発行する 普通株式以外に種類株式を発行している会社(以下、このページでは「種類株式発行会社」といいます)が、別の種類株式を発行するというケースがあります。 その典型的な例としては、IPOを目指してい […]

, ,


汐留パートナーズ司法書士法人では、
商業登記不動産登記相続手続き遺言成年後見など、
様々なサポートを行っております。


 

ご相談・お問い合わせは
こちらからどうぞ

お見積りは無料です。

〒104-0061 東京都中央区銀座7-13-8 第二丸高ビル4階

東京汐留相続サポートセンター