会社設立・商業登記・不動産登記等は東京都中央区の【汐留司法書士事務所】- 法人設立代行・創業支援

所長ブログ&コラム

タグ「株式」の記事一覧

2019/02/25 商業登記関係

取締役にインセンティブとして株式を交付することと出口の設計

取締役に株式を保有してもらう 定款に別段の定めのない限り、取締役は必ずしも株主である必要はありません。 しかし、取締役に対するインセンティブとして株式を交付している会社は意外と少なくありません。 会社が成長することにより […]

,


2019/02/12 商業登記関係

相続人等に対する株式の売渡し請求という定款の規定と請求権の行使

株式の相続と売渡し請求 株式は財産の一部を形成しますので、株主が死亡したときは当該株主が所有する株式はその相続人へ相続されます。 被相続人たる株主は、原則として、会社が募集株式を割り当てたか、当該株主への株式の譲渡を承諾 […]

,


2019/01/15 商業登記関係

種類株式を廃止して普通株式のみにするにはどのような方法があるか

種類株式を廃止したい 普通株式とA種類株式を発行している株式会社Xがあったときに、株式会社XがA種類株式を廃止して発行する株式を普通株式のみにしたいと考えたとしましょう。 A種類株式を廃止して発行する株式を普通株式のみに […]

,


2018/12/27 商業登記関係

創業者の持株比率を高めるにはどのようにしたらよいか

資金調達と持株比率 2人で創業し、半分ずつ出資し合い株式を半分ずつ持ち合っていたけれどもエクイティでの資金調達をした結果、創業者らの持株比率が大きく低下してしまったとします。 多くの場合、出資者も慈善事業で出資をするわけ […]

,


2018/12/18 商業登記関係

株式会社において議決権数に差のある株式を設定することはできるか

1株1個の議決権の原則 株主は、株主総会において、その有する株式1株につき1個の議決権を有しており(会社法第308条1項)、議決権の行使を通じて経営に参加することが可能とされています(経営参加権)。 株式には色が付いてい […]

, ,


2018/12/17 商業登記関係

取締役が退任するときに、退任する取締役から株式を回収することができるか

取締役の退任と株式の行方 創業時に共同経営者がそれぞれ出資をして株式を持ち合うということは少なくありません。 また既にある株式会社において、新たに取締役を追加するときに、インセンティブ目的で株式を付与するということもある […]

, ,


2018/10/03 商業登記関係

取締役になるには、当該株式会社の株式を保有している必要があるか

取締役の株式保有要件 株式会社取締役は、原則として意思能力があれば誰でも就任することができます。 取締役は個人でなければなりませんので法人は株式会社の取締役となることができず、会社と取締役の関係は委任に基づきますので成年 […]

,


2018/09/18 商業登記関係

パートナーには何株まで持ってもらう?持株数に応じた株主の権利を確認する

持株数と株主の権利 株式会社を設立するときに、共同創業者に出資をしてもらい株式を保有してもらうというケースは少なくないでしょう。 あまりお勧めはできませんが、関係者や協力者に1株ずつ保有してもらっている会社もあるでしょう […]

,


2018/09/10 商業登記関係

株式無償割当ての手続きと登記

株式無償割当てとは 株式会社は、株主(種類株式発行会社にあっては、ある種類の種類株主)に対して新たに払込みをさせないで当該株式会社の株式の割当てをすることができます(会社法第185条)。 これを「株式無償割当て」といいま […]

,


2018/09/03 商業登記関係

募集株式の発行手続きにおいて出資金を払い込むタイミングはいつか

募集株式と出資の履行 募集株式の発行手続きにおいて、募集株式の引受人は、払込期日または払込期間内に、株式会社が定めた銀行等の払込みの取扱いの場所において、それぞれの募集株式の払込金額の全額を払い込まなければなりません(会 […]

, , ,


汐留司法書士事務所では、
商業登記不動産登記相続手続き遺言成年後見など、
様々なサポートを行っております。


ご相談・お問い合わせは
お気軽にどうぞ

ご相談・お見積りは無料です。

〒104-0061 東京都中央区銀座7-13-8 第二丸高ビル4階

東京汐留相続サポートセンター