近年、海外進出の一環あるいは純投資・事業投資という形で、海外企業とのM&A・投資も増加しています。汐留パートナーズではクロスボーダーM&A等に関する、財務デューデリジェンス業務、企業価値算定業務、無形資産評価業務(PPA業務)等に関しても豊富な経験・実績を有しております。

M&Aアドバイザリー業務

海外進出の一環でクロスボーダーM&Aを検討する際、汐留パートナーズではフィナンシャル・アドバイザー(FA)としてサポートをさせていただくことが可能です。M&Aスキームの策定から、デューデリジェンス、契約交渉バックアップなど、プレM&AからポストM&Aまで、一気通貫でコンサルティングを行います。M&Aに精通したコンサルタントが、FAに就任し、PKFの海外ファーム、証券会社、銀行、VC等を含む広範なネットワークでM&Aのアレンジメントを行います。

財務デューデリジェンス業務

海外企業とのクロスボーダーM&Aには様々なリスクが潜んでおり、買収対象企業や事業のリスク評価が適切に行われないと、M&Aが失敗に終わる可能性が高くなります。このようなM&Aに伴うリスクを回避するために、財務デューデリジェンス(財務DD)を実施します。また財務DD以外の領域についても、弁護士・社会保険労務士等のスペシャリストのネットワークにより、税務DD・法務DD・労務DD・人事DDを含む複合デューデリジェンスをご提供いたします。また、静的な視点に加え、動的な視点を重視した戦略的なデューデリジェンスを行っていくことが強みです。

企業価値算定業務

クロスボーダーM&Aの過程での株価算定・事業価値算定により、企業や事業の価値を定量的に算定いたします。バリュエーションを実施するにあたっては、精通した公認会計士・税理士・弁護士等のスペシャリストによるデューデリジェンスを踏まえ、第三者的な立場より作成された客観的な評価報告書を作成してご提出いたします。

無形資産評価業務(PPA業務)

クロスボーダーM&Aの過程で、買収対価を資産・負債に配分して財務諸表に計上するための意思決定に資するため、無形資産評価(PPA)が必要となるケースがあります。そのような場合に、コスト・アプローチ、マーケット・アプローチ、インカム・アプローチなどの見積方法により、第三者的な立場より作成された客観的な評価報告書を作成してご提出いたします。

 

ご相談の流れ

お問い合わせ
お問い合わせ
メール又はお電話にてご連絡をお願いいたします。無料相談が難しい事案の場合には、初回相談の報酬等についてお知らせいたします。お気軽にご相談下さい。
ご面談
ご面談
海外進出コンサルティングにつきましては、原則としてご来社いただいてお打ち合わせをさせていただいておりますが、クライアントのご都合によってはお伺いさせていただきます。
ご提案
ご提案
ご面談を通じて、クライアントの海外進出に関する課題について共有をさせていただき、支援メニューと解決案に関するご提案をさせていただきます。お見積書をご提示させていただきます。
契約書締結
契約書締結
ご提案内容及びお見積内容に基づいて契約書を作成いたします。内容についてご確認いただいた後に、契約を締結させていただきます。
ご支援開始
ご支援開始
契約締結後、ご提案させていただいた内容をベースとして、柔軟かつ迅速に海外進出コンサルティングを開始いたします。