労務アドバイザリーサービスの概要

労務顧問サービス

人を雇用する場合、雇用契約書や労働者名簿等必要な書類の整備、労働条件や給与の設定方法、勤怠管理の方法、社内規則の整備等、検討しなければいけないことがたくさんあります。汐留パートナーズでは、労務関係について弁護士や行政書士等の専門家と連携し、どのようなご相談にも対応できる労務顧問サービスをご提供しております。

労務デューデリジェンス

労務デューデリジェンスは、M&A等の局面において対象企業に属する人に関連する定量的な性格の項目を調査することをいいます。従業員の勤務形態及び労働時間管理、就業規則類と労働法関係の手続き、労働債務、労務トラブル、労働安全衛生、労働基準監督署関連事項等について調査を行うことで、経営資源としての「人」にフォーカスして、M&Aの成功をサポートします。

労務監査サービス

クライアントの人事労務全般に関して、定性的な側面、定量的な側面、あるいはその両方にフォーカスして行う企業の健康診断のようなサービスです。主に企業の労務管理状況の実態が労働法諸法令に合致しているかどうかについて調査を行うことで企業に潜む労務リスクについて事前に把握し対応策を講じるための監査サービスです。

メンタルヘルス関連サービス

メンタルヘルスとは「心の健康」や「精神衛生」を指す言葉ですが、現代社会においては従業員がメンタルヘルス不全からうつ病を発症してしまうことも少なくありません。従業員がメンタルヘルスに不調をきたすことのない職場環境の構築(予防)と、もし従業員が不調に陥ってしまった場合にはそのフォロー(事後対応)、そして、今後極力従業員が健全なメンタルヘルスで業務に取り組めるような改善策の導入(対策)について、アドバイスを行います。

汐留パートナーズの労務アドバイザリーサービスの特徴

労務管理を通じて
企業価値の向上を目指す

労務管理は人材のメンテナンスとして、企業において重要な役割を果たします。なにより、労務リスクを低減させることは企業価値の向上につながります。汐留パートナーズでは経営資源である「人」に関する経営基盤を強固なものとし、企業価値の向上までも視野に入れた中長期的視点でのアドバイザリーサービスを徹底的に追求します。

フットワークが軽く
スピード感をもったご支援が可能

汐留パートナーズは業界では平均年齢が若く、フットワークが軽く行動力のあるコンサルタントが集まっています。コンサルティングを行うにあたって、スピードは極めて重要です。労務アドバイザリー業務におきましても、スピード感をもったご支援を可能とします。

IPO準備会社の
サポート経験も豊富

汐留パートナーズにはIPO(株式公開)関連業務に精通しているコンサルタントが多数在籍しております。労務の領域は企業がIPOを目指す上でも重要な領域となっております。J-SOX(内部統制評価制度)、内部管理体制の整備等への影響も視野に入れた労務アドバイザリー業務をワンストップでご提供することが可能です。株式公開までしっかりとご支援いたします。

英語や中国語など
多言語によるサービス提供が可能

汐留パートナーズには英語や中国語が堪能なバイリンガルスタッフが多数在籍しております。昨今外資系企業の日本進出が増加しております。また日本企業の従業員が海外現地法人へ出向するケースも増加しております。そのような場合に、英語や中国語を用いて労務関連の業務をサポートさせていただいており、また、高度な国際労務の分野までも対応が可能です。