会計アドバイザリーサービスの概要

会計方針策定・会計処理方法検討支援

クライアントの事業活動に関連して生じる様々な経済事象に関して、また、新しい会計基準の適用もふまえ、適切な会計方針の策定をご支援致します。クライアントのバックオフィスの実務への配慮を行い、業務効率や有効性を踏まえた最善の会計処理方法の検討をご支援致します。

月次・四半期・連結決算支援

月次・四半期・連結決算を、早期に、正確に、かつ効率的に行うためには、営業、製造、開発部門等の関係部署、また、子会社及び関連会社の協力が不可欠です。当グループにおいては、業務フローについて上流から下流まで見直しをかけ、改善提案を行ってまいります。また、社内リソースが不足している場合においては、クライアントのリクエストに応じて、公認会計士・税理士等のコンサルタントが、決算作業、取締役会・親会社報告資料作成、ディスクロージャー資料(決算短信、有価証券報告書、招集通知等)作成など、代行することも可能です。開示書類作成コンサルティングについてはこちらをご覧下さい。

戦略的管理会計・原価計算導入支援

一部の大企業を除き、管理会計を適切に行えておらず、原価計算制度も不十分な会社が数多くあります。その最も大きな理由は、目的を明確にしておらず、したがって、そのための手段の選択が誤ってしまっているという点にあります。目的に合致した最良最適の原価計算制度を構築し、戦略的な管理会計を遂行する、そして、管理会計と財務会計が「有機的に結合」する、これが目標です。現場を多数経験した公認会計士・税理士等のコンサルタントがクライアントの現場実務に深く入っていくことで、戦略的管理会計及び原価計算導入をご支援致します。原価計算コンサルティングについてはこちらをご覧ください。

業務フロー構築・改善支援

当グループは、クライアントの各部門の業務がスムーズに行われているかを診断させていただき、課題を抽出します。様々な現場を経験してきた公認会計士・税理士等のコンサルタントが、業務をより効率的に遂行されるために必要な業務フローの構築及び改善をご支援致します。

汐留パートナーズの会計アドバイザリーサービスの特徴

上場会社・IPO準備会社まで
幅広いサービスを提供可能

汐留パートナーズにはIPO(株式公開)関連業務に精通している公認会計士・税理士が多数在籍しております。IPOを目指すうえで会計分野の整備は極めて重要です。会社法や金融商品取引法を遵守し適正な情報開示等を視野に入れた会計アドバイザリー業務をワンストップでご提供することが可能です。株式公開から上場後もしっかりとご支援いたします。

フットワークが軽く
スピード感をもったご支援が可能

汐留パートナーズは業界では平均年齢が若く、フットワークが軽く行動力のある公認会計士・税理士などの会計を専門とするコンサルタントが在籍しています。会計処理方針を策定し、実際の会計実務に落とし込んでいくためには機を逸することがないようにするスピード感が重要です。会計アドバイザリー業務におきましても、スピード感をもったご支援をお約束いたします。

月次決算・四半期決算・連結決算等
様々なご相談に対応可能

汐留パートナーズには月次決算から四半期決算・連結決算に精通している公認会計士・税理士が多数在籍しております。大企業から中小企業まで、クライアントのニーズに合った対応が可能です。また、多角化の進んだグループ企業集団については、グループ全体での適正なタックスプランニングから連結納税の検討も必要とされます。多様化する現代の企業活動に対する様々な税務を踏まえた会計の専門家としてご対応差し上げます。

英語や中国語など
多言語によるサービス提供が可能

汐留パートナーズには英語や中国語が堪能なバイリンガルスタッフが多数在籍しております。昨今外資系企業の日本進出や日本企業の海外進出が増加しております。そのような場面で、英語や中国語を用いて会計関連の業務をサポートさせていただいており、クライアントから絶大な支持をいただいております。