記帳代行サービス

汐留パートナーズの会計税務業務に精通する専門スタッフが、クライアントの担当者に代わり会計帳簿の作成を行います。また、月次会議資料としてのマネジメントレターの作成までもご要望に応じてご提供可能です。クラウド会計ソフトを活用した業務効率化をご提供し、クライアントが自社のコア業務に経営資源を投下できるようにご支援いたします。

記帳代行サービスの概要

法人・個人を問わず、事業者は帳簿をつける義務がありますが、経理業務の人的リソースが不足している場合、自ら記帳を行うことが困難な場合があります。その際に、記帳業務を当社に委託していただければ、クライアントの皆様は自社のコア業務に専念いただくことができ、経理事務に関しては当社がしっかりと会計帳簿・決算書の作成を担当させていただきます。

サービスの流れ

簡単なExcelシートなどに最低限必要な情報を入力していただくか、または、通帳の写しや請求書、領収書などを丸ごと当社にご郵送いただき、それらを元に会計ソフトにて記帳を行います。その記帳内容から試算表を作成し、クライアントにご提供致します。資料をいただくタイミングや試算表をお出しする日数などはクライアントのご希望に合わせて調整させていただきます。また必要に応じて、月次会議資料のためのマネジメントレターの作成等を行うことも可能です。

汐留パートナーズの記帳代行サービスの特徴

フットワークが軽くスピード感をもったご支援が可能

汐留パートナーズは業界では平均年齢が若く、フットワークが軽く行動力のあるスタッフが集まっています。記帳代行を行うにあたって、スピード感は極めて重要です。記帳代行サービスにおきましても、スピード感をもったご支援を可能とします。

英語や中国語など多言語によるサービス提供が可能

汐留パートナーズには英語や中国語が堪能なバイリンガルスタッフが多数在籍しております。昨今外資系企業の日本進出が増加しております。また日本企業の従業員が海外現地法人へ出向するケースも増加しております。そのような場合に、英語や中国語を用いた記帳業務をサポートさせていただいており、クライアントから絶大な支持をいただいております。

複数のクラウド会計ソフトにも対応可能

汐留パートナーズでは勘定奉行・弥生会計などのスタンドアロンの会計ソフトはもちろん、クラウド会計ソフトでの記帳についても対応が可能です。MFクラウド給与やMFクラウド経費などとの連動も可能な「MFクラウド会計」、国内クラウド会計ソフトの先駆けである「freee」、会計ソフトの7割を超えるシェアを持つ弥生会計のクラウド版「やよい会計 オンライン」など、クラウド会計ソフトが近年増えてきています。

クラウド会計ソフトを使用することにより、クライアントの皆様がリアルタイムで会計帳簿を確認したり、給与や通帳を連動することで業務を効率化させることが可能です。当社ではクラウド会計ソフトの導入支援も行っておりますので、クライアントの状況に合ったソフトウェアを提案させていただきます。

サービスの料金体系

記帳代行サービスの料金体系については想定業務範囲に基づく想定工数から算出した定額方式にてお見積をさせていただいております。ご相談事項によっては、定額方式でのご支援が難しい場合もございますが、汐留パートナーズはクライアントのご予算内で費用対効果抜群のサービスをご提供させていただくことをミッションとしています。まずはお気軽に当社スタッフまでご相談ください。

関連サービス

会計アドバイザリーサービス
税務アドバイザリーサービス
支払代行サービス
請求事務代行サービス

関連情報:当社運営サイト

汐留パートナーズ税理士法人
Shiodome Accouning Outsourcing & Law Firm

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

TEL 03-6228-5505(総合受付)

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせはフォームをご利用いただきますか、またはinquiry@shiodome.co.jpまでお願いいたします(24時間365日)。日本語のみならず、英語や中国語でのメールもご対応可能ですので、どうぞお気軽にお問い合わせください。担当者がお問い合せ内容を確認次第、すぐにご回答させていただきます。