パラグアイ戦

プライベート

昨日に日本対パラグアイ戦が行われました。
会場が日産スタジアムということで、足を運んだ方も多いようですが、私は仕事の為、テレビ観戦でした。
・・・もう何年も代表戦は観に行ってません。

今回の試合は、南アフリカW杯の因縁の相手であり、かつ、ブラジルW杯に向けた初陣として、高い関心があったようですね。

さて、試合も香川選手のゴールにより、勝利しましたが、私が今回の試合で感じたのは、海外組の活躍です。
ゴールを決めた香川選手、新生ジャパンのエースと称される本田選手など、スタメンのうち7名が海外組でした。
ここ数年で、Jリーグから海外に挑戦する選手が本当に多くなりました。南アフリカW杯後にも多くの選手が移籍しています。
世界で勝つ為には、世界をフィールドに自己研磨をする流れは、自然な流れと言えますが、この海外進出の流れは、ビジネスの世界でも、顕著になってきていると感じます。

大手企業の多くが、生産拠点を海外に移し、新卒採用の大半を外国人とする採用活動を考えています。これにより、国内の雇用が減り、また、新卒の就職率にも影響するでしょう。
スポーツで言えば、海外挑戦は、日本の発展の為にプラスに作用すると思いますが、企業のグローバル化は、もちろんプラスの面が多いですが、マイナス面もあります。
それだけ、日本の企業が生き残る為には、日本ではなく、世界に目を向けなければいけない時代になったということですね。年功序列、終身雇用など、日本型雇用を象徴する言葉も今の時代消えつつあります。
時代は確実に変化しています。

話は脱線しましたが、新生ジャパンの初陣は、期待を抱かせる試合内容だったのではないでしょうか。今後もザックジャパンを応援していきます。

★汐留パートナーズグループのfacebookファンページに「いいね!」をお願いします★

第42回社会保険労務士試験

社労士試験

平成22年度社会保険労務士試験が8月22日に行われました。
(ちなみにこの日は私の父親の誕生日でした。)

受験生の皆様、お疲れ様でした。
私の周りでも、多くの方が受験されたようですが、各専門学校が解答速報を出している為、直ぐに結果(予想)が分かるようですね。
私は、自己採点をしないタイプでしたので、合格発表の日まで、希望を持っていましたが・・・どちらがよろしいんでしょうかね。

私も試験官として会場におりましたが、毎年会場に入ると自分の受験したときを思い出します。

今年は過去最高の7万人の受験申込者ということでしたが、年々社会保険労務士の関心は高まっているようですね。
昨年のブログで来年の受験申込者数は7万人を超えるのではないかと書いた覚えがありますが、現実になりました。

今年の合格発表は11月5日です。皆様の合格をお祈りしています。

★汐留パートナーズグループのfacebookファンページに「いいね!」をお願いします★

お久しぶりです

プライベート

5ヶ月間ブログの更新をストップしていました。
言い訳になりますが・・・
新年度が始まり、算定基礎や年度更新の手続き、年金申請など、多忙を極め、更新ができませんでした。

やっと落ち着きましたので、これからブログの方を再開していきます。
他の社労士さんと比べて、どちらかというとプライベートの内容が多いブログですが・・・
皆様お付き合いください。

さて、この5ヶ月間で汐留社会保険労務士事務所、そして、汐留グループは、大きく変わりました。
これからブログで少しずつお伝えしていきたいと思います。

それにしても今年の夏は暑いですね。
皆様もお体にはお気をつけください。

★汐留パートナーズグループのfacebookファンページに「いいね!」をお願いします★

早いもので

プライベート

早いもので、3月も残すとこ2日になりました。

今月は、新年度から開始する新事業などの準備に追われ、多忙を極めました。

4月以降皆様に新しいサービスを提供できるかと思います。

追って、告知させて頂きます。

★汐留パートナーズグループのfacebookファンページに「いいね!」をお願いします★

65歳現役時代

一般的に皆様の間で、定年=60歳と認識されているかと思います。

しかし、それが少子高齢化等の影響によって、変わろうとしています。

現在、定年の年齢は段階的に引き上げられており、平成25年4月から、65歳に統一されます。

順調に大学を卒業した方で、43年間働くことになります。

この定年年齢の引き上げは、皆様の人生設計を狂わす可能性もあります。65歳という年齢を念頭において、再度人生設計をしてみることをお勧めします。

★汐留パートナーズグループのfacebookファンページに「いいね!」をお願いします★

児童扶養手当と遺族年金

各種年金関係

児童扶養手当を受給している方は、皆様の中にもいらっしゃるかと思います。

児童扶養手当を受給している方にご注意していただきたいことがあります。

それは、遺族年金の受給権が発生してしまうと、児童扶養手当が支給されなくなるということです。

これは、遺族年金の額が児童扶養手当の額を下回る場合にも遺族年金が優先されるため、大きな問題となっております。

厚生労働省が改正の議論をしているということですが、いつ改正されるかは定かではありません。

児童扶養手当の受給者の方、お気をつけください。

★汐留パートナーズグループのfacebookファンページに「いいね!」をお願いします★

未払賃金の立替払制度

以前に、未払い賃金の立替払制度をご紹介させていただきました。

今回は、未払賃金の立替払制度の詳細をご説明致します。
支給要件は下記になります。

・勤めていた事業が1年以上労災に加入していること。
・会社が破産手続きの決定、再生手続きの決定等を受けたこと
・上記の決定があった日の6月前の日から2年間の期間内に退職したこと

以上の要件を満たした方は、未払い賃金の8割が返還される可能性がございます。
お気軽にご連絡ください。

★汐留パートナーズグループのfacebookファンページに「いいね!」をお願いします★

プライベート

突然ですが、私は歩くのが趣味でして、時間がある日は比較的歩いています。

今日も、午後に近くの公園を散歩してきました。

天気が良かったせいか、子供や親子連れが多く、とても賑わっておりました。

春は確実に近づいているのを感じました。

私の場合は、花粉の症状が春を通知してくれますが・・・

天気が良い日にのんびり公園を歩くのは、私にとって気分転換であり、季節を感じる数少ない行為です。

80歳くらいまでこの習慣を続けていきたいですね。

★汐留パートナーズグループのfacebookファンページに「いいね!」をお願いします★

花粉症に悩まされています

プライベート

私は春があまり好きではありません。

その理由は、花粉症に悩まされるからです。

花粉症との付き合いも20年以上になります。

私の症状は、軽度の部類に入るかもしれませんが、目の痒み、鼻づまりは、私を悩ませます。

多少、薬で緩和されるとは言え、インフルエンザの予防接種以上に、花粉症の予防接種を望む所存であります。

★汐留パートナーズグループのfacebookファンページに「いいね!」をお願いします★

老齢厚生年金

各種年金関係

昨日のブログで、老齢基礎年金についてお話させて頂きました。
今日は、老齢基礎年金に上乗せして支給される老齢厚生年金についてお話致します。

老齢基礎年金が、全国民共通の基礎年金として考えられているの対し、老齢厚生年金は、労働者の年金というイメージになります。

支給開始年齢は、65歳となっており、老齢基礎年金と同時に支給が開始されます。

支給額は、老齢基礎年金が、定額になっているの対し、老齢厚生年金は、報酬比例となっております。
つまり、給与が高い人は、高い保険料を納めることになり、その分、年金額が高くなります。
一般的に、高卒、大卒で、会社に入社し、定年まで勤めれば、国民年金の支給額より高くなるかと思います。

尚、ねんきん定期便で将来の老齢厚生年金の支給額も確認することが出来ますので、一度ご確認ください。

★汐留パートナーズグループのfacebookファンページに「いいね!」をお願いします★