foreign-worker-employment-banner1banner2_foreignWorker
外国人の募集と採用の流れ
外国人の募集と採用の流れ
外国人を雇用する場合、ビザを考慮し募集要項を決定する必要があります。また、どのような状況の外国人を採用するかにより、手続きの流れが異なります。ここでは、認定・変更・更新、3種類の申請種別をご案内致します。

詳しくはこちら

外国人従業員の雇用管理・在留資格手続
外国人従業員の雇用管理・在留資格手続
当ページでは、既に雇用している外国人従業員の在留資格申請や届出についてご紹介致します。

詳しくはこちら

外国人雇用&ビザ申請サービス
外国人雇用&ビザ申請サービス
外国人を雇用するにあたり、「何をしなくてはいけないか、どのような手続が必要かわからず雇用できない」というケースも多いのではないでしょうか?外国人の採用は日本人と異なる点が多々ありますので、どのように雇用すればよいのかについて詳しく解説しています。

詳しくはこちら

外国人雇用ビザ申請手続代行サービス
外国人雇用ビザ申請手続代行サービス
「外国人雇用が初めてで、申請に必要な書類や手順がわからない」という法人や、「外国人従業員の在留資格変更が必要だけれども、手続がわからない」、「外国人従業員数が多くなり、在留資格関連業務の負担が大きく困っている」という人事ご担当者は、是非、弊社サービスをご活用下さい。在留資格取得サポート経験豊富な弊社スタッフがサポートさせて頂きます。

詳しくはこちら

在留資格管理サービス
在留資格管理サービス
在留資格管理顧問サービスは、外国人従業員の在留資格情報を管理し、在留期限が近付いた際に弊社より更新のご案内をするサービスです。

詳しくはこちら

外国人雇用アドバイザリーサービス
外国人雇用アドバイザリーサービス
この在留資格は2020年3月現在29種類もあり、在留資格によって要件や従事可能な業務が異なるため、採用予定の外国人を雇用できるか判断するには、各在留資格について十分な知識が必要です。

詳しくはこちら

セクレタリーサービス
セクレタリーサービス
多言語(英語・中国語・韓国語)にて会社の法務・庶務周りをはじめとした様々な業務を代理・代行致します。弊社でご提供しているサービスについて紹介しています。

詳しくはこちら

お役立ちコラム
お役立ちコラム
汐留パートナーズ行政書士法人のメンバーが、外国人の雇用やビザ管理に関する情報発信を行っています。外国人を雇用をなされている方々の理解の一助となれば幸いです。

詳しくはこちら

就労ビザ取得成功事例
就労ビザ取得成功事例
過去に汐留パートナーズでご支援させていただいた就労ビザ取得の成功事例について、内容を一部抜粋して紹介させて頂きます。様々なご事情に柔軟に対応して在留資格取得を成功させ、クライアントの日本でのビジネスのサポートを行っております。

詳しくはこちら

Q&A
Q&A
外国人雇用&ビザ管理に関してよくある質問に対しての回答をさせていただいております。より詳しくQ&A方式で解説しています

詳しくはこちら

PKFネットワーク
PKFネットワーク
汐留パートナーズは、グローバルな視点から会計・ビジネスのアドバイザリーを提供する PKFメンバーファームの日本法人です。PKFは、 1969年にイギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリアのメンバーファームを ベースに発足し、現在では世界主要各都市に拠点を構えています。

詳しくはこちら

なぜ汐留パートナーズが選ばれるのか?

公認会計士(日米)・税理士・弁護士等のプロフェッショナルが多数在籍
公認会計士(日米)・税理士・弁護士等のプロフェッショナルが多数在籍
汐留パートナーズは、日本・米国の公認会計士をはじめ、税理士、弁護士、司法書士、社会保険労務士、行政書士等様々な資格を有するメンバーが多数所属しております。メンバーはそれぞれ多種多様なバックグラウンドを有しており、これまでの豊富な経験・実績からクライアントの状況に合わせてベストなご提案をさせていただきます。
フットワークが軽くスピード感をもった日本進出コンサルティングが可能
フットワークが軽くスピード感をもった日本進出コンサルティングが可能
汐留パートナーズは業界では平均年齢が若く、フットワークが軽く行動力のあるコンサルタントが集まっています。会社設立やビザ申請を行うにあたって、スピード感は極めて重要ですので、これらの業務においてもスピード感を持ったご支援をさせていただきます。
多言語対応・海外ネットワークも含めた会社設立やビザ申請が可能
多言語対応・海外ネットワークも含めた会社設立やビザ申請が可能
汐留パートナーズには英語や中国語が堪能なバイリンガルスタッフが多数在籍しております。また、PKF internationalのネットワークを利用して幅広いサービスが可能です。現地との交渉はもちろんのこと、クライアントのニーズに合ったサービスをご提供させていただきます。
クロスボーダー取引・国際税務に関する経験が豊富
クロスボーダー取引・国際税務に関する経験が豊富
昨今、外国人が日本に拠点を設立したり、本国の従業員が日本拠点へ出向するケースも増加しております。汐留パートナーズには、クロスボーダー取引や国際税務に関して詳しいメンバーが多数在籍しており、ワンストップでクライアントの日本での事業をサポートさせて頂きます。

メンバー紹介

 
 
Ernst & Young(EY)の日本メンバーファームである新日本有限責任監査法人に入所。国内監査部門・株式公開部門にて監査・IPO業務に従事。2008年に汐留パートナーズグループを設立。グループCEOに就任。公認会計士(日本/米国)・税理士。
 
 
Deloitte Touche Tohmatsuメンバーファームである有限責任監査法人トーマツ、PricewaterhouseCoopers Hong Kong/Chinaを経て、2015年ロックハート会計事務所を設立。2019年汐留パートナーズ税理士法人と経営統合しシニアパートナーに就任。公認会計士(日本/米国)・税理士。
 
 
BDOインターナショナルの日本メンバーファームであるBDO税理士法人に入社。また外資系日本法人の企業管理部門等で英語を基本言語とした会計税務業務及び人事労務業務に数多く従事。2012年汐留パートナーズグループに参画。米国公認会計士。
 
 
事業会社を経て2012年汐留パートナーズグループに入所。外資系企業・外国人に対する法人設立業務、在留資格関連業務等に従事。グループ内の弁護士・司法書士・行政書士を密に連携させ、クライアントの法務関連業務をワンストップでサポートしている。

ご相談の流れ

汐留パートナーズグループとは?

汐留パートナーズグループは2008年の設立以来、公認会計士、税理士、弁護士、社会保険労務士、司法書士、行政書士等によるプロフェッショナル集団としてクライアントとともに成長してまいりました。現在150名のコンサルタントを要する総合事務所です。
汐留パートナーズグループの中で会社設立及びビザ業務を提供している「汐留パートナーズ行政書士」は、PKFインターナショナルの日本メンバーファームとして、長年にわたり外国人クライアントを数多くサポートしています。

詳しくはこちら

ご相談

お気軽にお問い合わせ下さい。

ご支援実績の例

お客様の声