越境ECに関する欧州連合の付加価値税の取り扱いに関する変更、及び米国の売上税対応についてのご案内

汐留パートナーズ株式会社より、2021年7月に変更が行われた越境ECに関する欧州連合の付加価値税の取り扱いに関する変更、及び米国の売上税対応についてご案内させていただきます。

<輸入ワンストップショップ制の導入(欧州連合)>

欧州連合では7月1日から欧州以外の国から電子商取引(EC)サイト経由で個人が購入した物品に付加価値税が原則課税されるようになりました。
従来は欧州連合在住者向けの少額品の輸入の際は、22ユーロ以下の物品である場合は免税措置がありました。7月1日よりこのような少額品の輸入付加価値税免税措置が無くなりました。この結果、金額の多寡に関わらず全ての物品について輸入付加価値税が課税されることになりました。

また、商品が150ユーロ(約2万円)以下の場合には、販売者は「輸入ワンストップショップ」制度を利用することで、付加価値税申告業務が軽減されます。これは、通常、欧州連合加盟国の複数国での付加価値税登録・付加価値税申告が必要な場合でも、輸入ワンストップショップ番号を取得することで1カ国での登録・申告の際、ワンストップで申告対応できるようになります。

自社サイトでの欧州への越境EC販売を行う企業様は定期的な付加価値税申告等のご対応が必要となります。

<オンラインマーケットプレイス税制(欧州連合)>

7月1日よりAmazonやeBay等のオンラインマーケットプレイスで150ユーロ以下の商品を消費者に向けて販売する場合にはこれらオンラインマーケットプレイスの事業者に付加価値税の納税義務・申告義務が発生するようになりました。

オンラインマーケットプレイスの定義として、①販売条件をコントロールできること、②支払いの点で顧客に課金出来ること③受発注が行えること、などがあげられます。この点において、支払いプロセス業、WEB広告業、アフィエイト業等はオンラインマーケットプレイスには該当しません。その一方で、前述の3条件のどれかに該当する企業については、たとえ日本企業であってもその義務を免れることはできません。

昨今、ITの発展により、オンラインマーケットプレイス(プラットフォーマー)は日本国内でも広く拡大しています。オンラインマーケットプレイス業の企業様におかれましては、利用企業の利便性のため、及び、欧州連合向けECにおけるコンプライアンス遵守の観点から、早急な対応が必要です。

<ECセラー向け米国売上税(米国)>

米国では売上税(Sales Tax)と呼ばれる間接税(州税)があります。
日本から米国への越境EC販売の場合、州による年間のしきい値を超えた場合、売上税登録及び売上税申告が義務付けられています。

ハワイ州やイリノイ州を例に取ると、該当州の消費者への販売が年間売上高10万ドル(約1100万円)または年間取引200件を超えると、現地での売上税登録・申告義務が発生します。

日本から米国への自社サイトを使った越境EC販売の際は、売上税申告義務が発生するしきい値について事前に確認し、販売先と取引件数、及び売上高を州ごとに日常的にモニタリングしていく必要があります。

付加価値税申告サービス・米国売上税申告サービスは、弊社提携先のオプティ株式会社様と連携してサポートさせていただきます。

<オプティ株式会社概要>
社名:オプティ株式会社
住所:東京都千代田区内神田1-2-2 小川ビル4階
代表:淵上 暁
URL : https://www.opti.co.jp

<お問合せ先>
汐留パートナーズ海外進出担当 https://shiodome.co.jp/overseas-expansion/contact

最新情報

  • 汐留パートナーズ・ニュースレター 2022年1月号

    最新の法改正・制度改正について 新年、明けましておめでとうございます。 昨年のご愛顧に厚くお礼申し上げるとともに、本年も引き続きよろしくお願いいたします。 さて、2022年最初のニュースレターでは「最新の法改正・制度改正」について取り上げます。 税務からは「賃上げに係る税制措置の強化」や「中小企業に...

    続きを読む
  • 年末年始休業のお知らせ

    汐留パートナーズグループ各事務所の本年度の年末年始につきましては、下記の期間休業とさせていただきます。 皆様にはご不便とご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご容赦くださいますようお願い申し上げます。 汐留パートナーズ株式会社・汐留パートナーズ税理士法人・汐留パートナーズ行政書士法人・汐留パートナーズ社会...

    続きを読む
  • 汐留パートナーズ・ニュースレター 2021年12月号

    財形目的の福利厚生・みなし解散について 2021年もあと僅かとなりました。皆様には格別のご愛顧を賜り、この場をお借りしてお礼申し上げます。さて、2021年最後のニュースレターでは「財形目的の福利厚生」「みなし解散について」について取り上げます。 税理士法人と社労士法人からは「財形目的の福利厚生」につ...

    続きを読む
  • 汐留パートナーズ・ニュースレター 2021年11月号

    2022年の見通しについて 2021年も残すところ2か月となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 今月のニュースレターでは「2022年の見通し」について取り上げます。2021年は終始コロナウイルス感染症を意識した1年となり、残念ながら収束も来年以降に持ち越しとなりました。 OECDは、9月に発...

    続きを読む
  • 中小企業庁「M&A支援機関登録制度」への登録について

    この度、汐留パートナーズ株式会社は、中小企業庁が公募する「M&A支援機関登録制度」に申請し、M&A支援機関として登録されたことをお知らせいたします。 本登録制度は、中小企業が安心してM&Aに取り組める基盤を構築することを目的に中小企業庁が創設したものであり、所定の要件を充足す...

    続きを読む