「働き方改革法」に対する企業の意識~エン・ジャパン株式会社の調査から

人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社は、人事担当者向けの総合情報サイト「人事のミカタ」上で、経営者や人事担当者を対象に「働き方改革法案について」アンケート調査を行いました(回答者648名)。それを基に、企業が「働き方改革法案」に対してどこまで認識があるか、またどう感じているかの実態を紹介します。

◆調査結果の概要

1 「働き方改革法案」の認知度
「働き方改革法案」を知っているかという質問に対して、「概要を知っている」(74%)、「内容を含め知っている」(21%)と、認知度は95%に達しています。
2 経営への支障度合
次に、「働き方改革法案」が施行されることで経営に支障がでるかという質問に対しては、「大きな支障が出る」(9%)、「やや支障がでる」(38%)とあり、企業規模が大きくなるにつれて「支障がでる」と回答する割合が増加しています。
3 経営に支障が出そうな法案について
「経営に支障がでる」と回答した方に、「支障が出そうな法案はどれか」という質問に対しては、「時間外労働(残業)の上限規制」(66%)が最も多く、次に「年次有給の取得義務化」(54%)、「同一労働同一賃金の義務化」(43%)と続きます。
また、業種別に見ると、広告・出版・マスコミ関連の「時間外労働の上限規制」(80%)、「年次有給取得の義務化」(70%)、商社の「時間外労働の上限規制」(74%)が目立っています。

◆回答者の声

働き方について日本は他国よりも遅れていて、各人が家庭の状況や自身の体調・結婚や出産などを抱えて仕事をしているのだから、国が柔軟に対応して働き方が多様化することは多くの問題が解決することにつながるといった意見や、中小企業にとっては厳しいところがあるもしれないが、従業員にとっては良い制度と肯定的な意見があります。
一方で、能力差があると思われる職場で同一労働同一賃金は判断が難しい、残業の上限や有給を義務化したら生産性が下がる、生産性が下がる分人を増やしたら人件費が上がる、コスト削減のための無理な施策を考えてしまうのではないかと否定的な意見もあります。

【エン・ジャパン「企業に聞く「働き方改革法案」実態調査」】
https://corp.en-japan.com/newsrelease/2018/14941.html (別ウインドウで開きます)

10月は「年次有給休暇取得促進期間」

◆「年次有給休暇取得促進期間」とは

厚生労働省は、年休を取得しやすい環境整備を推進するため、次年度の年休の計画的付与制度について労使で話し合いを始める前である10月を「年次有給休暇取得促進期間」として、全国の労使団体に対する周知依頼、ポスターの掲示、インターネット広告の実施など、集中的な広報活動を行って、計画的付与制度の導入を促進しています。

◆「働き方改革法」成立で年休5日の強制付与が義務化

「働き方改革関連法」成立に伴う労働基準法の改正により、平成31年4月から、使用者は、年10日以上の年次有給休暇が付与されるすべての労働者に対し、毎年5日間について、時季を指定して年次有給休暇を与えることが必要となりました(ただし、計画的付与制度などにより、労働者がすでに取得した年次有給休暇の日数分は、時季指定の必要がなくなります)。

◆年休取得率の低迷が背景

これは、年次有給休暇の取得率が低迷していて、いわゆる正社員のうち約16 %が年次有給休暇を1日も取得しておらず、また年次有給休暇をほとんど取得していない労働者については長時間の比率が高い実態にあることを踏まえ、年5日以上の年次有給休暇取得が確実に進む仕組みを導入することとしたものです。年次有給休暇については、ワーク・ライフ・バランス推進官民トップ会議において策定された「仕事と生活の調和推進のための行動指針」において、2020年までにその取得率を70%とすることが目標として掲げられています。

◆厚労省がリーフレット作成

厚生労働省は、作成したリーフレットのなかで、「計画的付与制度の活用」「チームのなかで情報共有を図っての休みやすい職場環境づくり」「土日祝日にプラスワンした連続休暇取得の促進」などを掲げ、その具体的な手法と効果を紹介しています。来年度になって慌てて対策を講じなくてすむよう、いまから具体的な制度設計と運用方法を検討しておきましょう。

【厚生労働省「年次有給休暇取得促進」事業主向けホームページ】
https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/jikan/sokushin/jigyousya.html (別ウインドウで開きます)

シャッフルランチ

未分類

こんにちは

皆さん、最近どなたとランチをしましたか?

当法人にはシャッフルランチという制度があります。
本日はそのシャッフルランチの日でした。

社会保険労務士法人のスタッフだけでなく汐留パートナーズ全体でいくつかのグループに
分かれて平日のランチの時間を共に過ごします。

以前は同じビルに各事務所があったためお互いに顔を合わせる機会が多くありましたが、
現在は事務所が移転したためその機会も減ってしまいました。

普段、電話やメールだけで業務連絡をし、顔を合わせたことがないスタッフ同士が
美味しいランチのおかげで会話も弾み楽しいひと時を過ごしていました。

「同じ釜の飯を食う」とよく言いますが、本当に少しの時間でもリラックスした雰囲気の中、
食事を共にすることでいろいろな話をすることができ絆も深まったような気がします。

秋も段々と深まり今年も平成30年も終わりが近づいてまいりました。
皆さまどうぞお身体お大切になさって下さい。

kasahara

アフリカのことわざ

未分類

こんにちは、河です。

本屋で子どもにことわざの本でも買おうと思い、ラインナップに目を走らせると、『アフリカのことわざ』という本が平棚に並んでいました。
気になってインターネットでアフリカのことわざを調べてみると、例えに出てくるもの(動物とか自然が多いです)こそ違えど、人間の悩みや指向は万国共通なようで、思わずうなってしまいました。
サラリーマンにあてはまるもの、いくつかご紹介します。

本の帯にもなっている「ゾウたちが戦えば苦しむのは草たち」。
そうそう、上の人たちの争いで苦しむのは現場の人ですよね。

他にも「羊に二度逃げられる者は愚か者」。
失敗してもいい、そこから学んで同じ失敗をするなと、失敗したときの上司の常套句ですね。

「ペンバ島にあるならばザンジバル島にもある」
今の会社で嫌なことがあっても、他の会社でもだいたい似たようなことが起きているものです。

「あなたが退出したとたん、その場の会話は変わります」
どこかの給湯室のよう。

「斧を使って刺繍をしないように」
適切な道具を使いましょう。

「ついてないときは、熟したバナナさえあなたの歯を引っこ抜いてしまう」
…。

きっと一番有名なのはこれです。
「早く行きたければ、ひとりで行け。
遠くまで行きたければ、みんなで行け。」

ぜひ、手に取ってみてください。
アフリカのことわざ

平成最後の年賀状販売開始

未分類

こんにちは 照屋です

早いもので、今年も11月となり年賀状の販売も開始されました。
今年は、平成最後の年賀はがき販売となりますが、販売枚数は昨年より1億8,580万枚少ない
24億21万枚が販売されるそうです。
年賀はがきの利用状況は、確実に減少を続けていて人口の減少、他人との付き合い方の変化、
慣習に対する姿勢の移り変わり、核家族化など多種多様な利用が考えられますが、やはり
インターネットとソーシャルメディアの普及によるところが多いのでしょう。
 しかし、実際に発行枚数はどれだけ減っているのか気になったので調べてみました。、
そもそも年賀はがきの発行は、1949年発行のものがはじめてで、その当時は1億8,000枚。
その後、1964年に10億枚、1973年には20億枚を超え、ピークは2003年の44億5936万枚だった
そうです。そして、直近10年間は連続で前年比マイナスを記録しています。
 インターネットの普及率が今後も上昇を続け、デジタルネイティブ世代が次々と成人化
するに連れ、年賀はがきの需要は今後も減少し、発行枚数も減らざるを得ない事態が続くものと
考えられます。時代の成り行きとはいえ、寂しさを覚える人もいるのではないでしょうか。
私もそのひとりですが、毎年慌ただしく書いているので、今年こそ送る相手を思いながら
書くゆとりを持てたら思います。
いずれにしても、年末年始の準備は早めに進めたいものです。

雇用の間口

未分類

こんにちは。
最近は朝晩冷え込むようになりました。
体調を崩しがちになる時期ですので、色々気を付けて過ごしたいものです。

さて、今はどこの業界でも人手不足と言われています。
人手不足解消策の一つとして
会社の雇用の間口を広げてみる、ということも良いかもしれません。
女性、外国人などはすでに政府の施策で雇用が進められているところですが、
今後は高齢者や障害者にもこの動きは広がっていくものと思われます。
会社側が画一的な働き方を提示するのではなく、
社員の希望に沿った働き方を提示できるかどうかが
人材不足解消の一つのカギになるような気がしています。

汐留パートナーズグループには人材紹介会社もございます。
企業のご担当者様、お仕事お探しの方でご興味をお持ちいただけましたら
ぜひ、下記までお問い合わせください。

■汐留エージェント株式会社
http://shiodome-jinzai.jp/

武藤

カイワレ大根を食べたら猛烈な腹痛に襲われた話

プライベート

こんにちは。三澤と申します。

タイトルにて、僕の言いたかった事は全て表現されているのですが、
もし暇すぎて仕方ないような方がこのブログを読まれているのであれば続きをどうぞ。

(この記事は30秒で読み終わります)

日頃お昼ご飯などカップ麺で済ませてしまうことが多いので、少しでもビタミンをと
夜ご飯ではキャベツ千切りとカイワレのサラダをほぼ毎食食べています。

先日寝る前にお腹がすいてどうしようもなくなりましたが、冷蔵庫を漁るも家に食べるものがカイワレ2パックしか無い。

まあ空腹が少しでも紛れればと思い二つとも食べました。

すると深夜3時ごろ、えも言われぬ強烈な腹痛。

直近で特に悪いものを食べた記憶がなかったので、食あたりなどではないと思いましたが、
冷や汗がドバドバと出るほどの下腹部の不快感に横になっているのもつらいほどです。

はたして本当に僕は横になっているのか?縦になっているのではないか?

天動説は正しいのではないか?

そんなことが脳裏を駆け巡るほどの腹痛でした。

下すでもなく吐き気もありませんが、温かいお茶など飲んでみても治らず、
このまま一人で死んでいくのかと渡世の句を書き始めましたが、文才が無いのでうまく書けません。

まあ正直、原因はカイワレ以外にないだろうと。

死ぬのもアレなので調べてみるとカイワレには「アリルプロピオン」というものが含まれており、
これがあの独特な辛味の正体だという事でした。

玉ねぎを切るときに涙が出る現象の原因でもあり、犬猫などのタマネギ中毒の原因にもなるようです。
(犬猫なら、大体20g前後のタマネギで症状が出てしまうそうです)

人間なら特に問題はないそうですが、刺激物ではあるので、食べすぎるとそりゃ腹も痛くなるよな
ということで、とりあえずお湯をたくさん飲んで寝たら治りました。

、、、、

人事労務管理なら、カイワレ大好きな汐留社会保険労務士法人にお任せ下さい!

、、、、

熱いまちKOTO動画アワード

未分類

友人が第3回熱いまちKOTO動画アワードに応募するとのことで

江東区のPR動画制作に先日ボランティアで照明担当で参加しました。

この企画は江東区の素材を活用した90秒以内の動画で江東区の良いところをPRします。

撮影は私が住んでいるシェアハウスや近くの商店街などで行われ、

90秒以内の動画を撮影するのに移動や準備を入れると丸一日かかりました。

撮影って大変だとすごく感じました。

撮影風景↓

一瞬ですが私も映像にでてきます。
動画↓

粢田

電子書籍について

プライベート

皆様こんにちは

ようやく秋らしい気候になってきましたね。
秋といえば、読書の秋です。
使用頻度の低くなっているiPadを有効に利用するため、
今までほとんど利用してこなかった電子書籍を読み始めました。

電子書籍に慣れる為に、
アマゾンの定額制読み放題サービスに加入しました。
買っても結局読まなくなってお金が無駄になりそうだし、と思っての加入です。

私は文学部出身で、読書は当然紙!とこだわっていたはずなのですが、
気が付けばほぼ毎日電子書籍を読んでいます。
無駄なこだわりでした。便利です。
勢いでスマホにも電子書籍アプリをいれてしまいました。

読み放題サービスに加入してから、
全く興味のない様分野の本も目を通すようになりました。
車中泊、スピリチュアル、デザインの本などなど。
適当にダウンロードした一般の雑誌の中に、
働き方改革の特集など仕事に直結する有益記事を見つけたりして、ひとり楽しんでいます。

電子書籍と読み放題サービス、こっそりおすすめいたします。
読書の秋にぜひ、いかがでしょうか。

大熊

フレックスタイム制について

やっと少しずつ秋らしい気温になってまいりました。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

今日は働き方改革関連法案の内容にも含まれる、フレックスタイム制について
お話しさせて頂きます。

そもそもフレックスタイム制とは何か?
今回の働き方改革でルールがどう変更となったか。

この2点について触れて参ります。

■そもそもフレックスタイム制とは何か?

今回詳しい概要は省略いたしますが、一定期間(清算期間)における総労働時間をあらかじめ定めておき、労働者はその枠内で各日の始業及び終業の時刻を自主的に決定し働く制度です。

メリットとして下記のようなことが考えられます。

・個人が効率的に時間配分を行うことで残業の軽減につながる
・勤務時間をずらすことで通勤ラッシュを避けることができる
・働き方に自由性があるため、優秀な人材の採用や定着に繋がる可能性がある

■今回の働き方改革でルールがどう変更となったか。

フレックスタイム制を運用するにあたり、従来は清算期間に「一ヶ月以内」という上限がありました。
これにより1か月を超える期間についての労働時間の調整ができない点について不便であるとの指摘がありました。

例えば月の前半に余分に働き、後半の労働時間を短くすることは可能ですが、月またぎ(10月は余分に働き、12月は短めにする等)の調整が従来のルールではできませんでした。

これを可能にしたのが今回の清算期間の上限の延長です。
具体的には現行の上限「一ヶ月」から「三ヶ月」に改正されます。
改正前は10月に余分に働き、週当たりの労働時間が法定労働時間の枠内を越えていた場合は、時間外労働となり割増賃金の支払いが必要でした。
しかし今回の改正により11月若しくは12月で調整することで、三ヶ月平均で週当たりの労働時間が法定労働時間の枠内に収まれば10月の割増賃金は発生しないことなります。

清算期間を定めるにあたり一ヶ月を超える場合は労使協定の届出義務が発生する等細かいルールもございますが、従来より柔軟な働き方ができるようになるのではないかと考えられます。

フレックスタイム制は導入要件や割増賃金の計算方法等実際に運用するためには定めることも多くございます。
ご不明な点がございましたらお気軽のお問い合わせ下さいませ。

北田