カテゴリー: ニュースレター

汐留パートナーズ・ニュースレター 2022年1月号

最新の法改正・制度改正について 新年、明けましておめでとうございます。 昨年のご愛顧に厚くお礼申し上げるとともに、本年も引き続きよろしくお願いいたします。 さて、2022年最初のニュースレターでは「最新の法改正・制度改正」について取り上げます。 税務からは「賃上げに係る税制措置の強化」や「中小企業における所得拡大促進税制の拡充/交際費特例の延長」等の論点を、労務からは「社会保険の適用拡大について」、行政書士法人からはオミクロン株への警戒から11月に停止されて以来、動向が注視されている「新たな措置(19)」について、それぞれ取り上げます。 行政書士法人で取り上げる「新たな措置(19)」は 続きを読む

汐留パートナーズ・ニュースレター 2021年12月号

財形目的の福利厚生・みなし解散について 2021年もあと僅かとなりました。皆様には格別のご愛顧を賜り、この場をお借りしてお礼申し上げます。さて、2021年最後のニュースレターでは「財形目的の福利厚生」「みなし解散について」について取り上げます。 税理士法人と社労士法人からは「財形目的の福利厚生」についてお伝えします。確定拠出年金や日本型ESOPなど、福利厚生の充実を目的に様々な制度がある財形目的の制度について、会計・労務の視点から概要をまとめます。 一方のみなし解散は、通常の業務で意識する機会は少ない論点ではありますが、株式会社であれば10年に1度は登記が必要となることから、長期間登記の 続きを読む

汐留パートナーズ・ニュースレター 2021年11月号

2022年の見通しについて 2021年も残すところ2か月となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 今月のニュースレターでは「2022年の見通し」について取り上げます。2021年は終始コロナウイルス感染症を意識した1年となり、残念ながら収束も来年以降に持ち越しとなりました。 OECDは、9月に発表した「エコノミックアウトルック(経済見通し)中間報告」において、上振れ・下振れ双方の要因としてワクチンの普及率や変異株への有効性を挙げつつ、世界経済の回復は不均一であるとしています。 日本においては、ピーク時には国内最大の感染爆発となった第五波も落ち着き、ワクチン接種率も高まっていることか 続きを読む

汐留パートナーズ・ニュースレター 2021年10月号

IPOに関わる論点について 季節もすっかり秋めいてまいりましたが、皆様お加減にお変わりはございませんでしょうか。 今月のニュースレターでは「IPOに関する論点」について取り上げます。株式上場は、会社の信用力・知名度の向上、資金調達、優秀な人材獲得など、会社にとって非常に多くのメリットがあります。 一方、上場準備においては規程の整備、内部統制制度の構築、内部監査の実施といった社内体制の構築のほか、会計では税務会計から財務会計への移行や各種書類の準備、労務においては厳格な労務管理や三六協定の締結・届出といった労働法規の遵守、また株式やストックオプションの発行に伴う登記など、様々な対応が必要に 続きを読む

汐留パートナーズ・ニュースレター 2021年9月号

副業人材について 残暑も厳しい中、季節の変わり目が近づく季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 今月のニュースレターでは「副業人材」について取り上げます。コロナ禍をきっかけとして、昨年来副業が大きなブームとなっています。 副業人材と企業をマッチングするプラットフォームの増加・成長や、大手企業の副業解禁といった社会的な後押しもあってか、「個人の時代」という言葉が方々で聞かれるまでになりました。日本社会において叫ばれて久しい人材不足という課題に対処すべく、副業人材との協業を始めたり、検討したりしている企業も増えているのではないかと思います。 副業人材との協業に際して 続きを読む